YAMAX株式会社 ヤマックス 航海機器

沿革イメージ
会社情報                            沿   革
 沿    革
昭和28年  9月  広島県府中市中須町243-1に於いて初代、山本実夫が個人経営を以って、
              山本鐵工所を創業発足する。
昭和29年 6月  船舶用操舵装置各種の自社製品を製造販売し、東北地方の鮭・鱒漁船を対照         として生産を始める。
昭和30年 5月  手動油圧操舵機を開発し、据え付け第一船を茨城県那珂湊港で鮪漁船に装備        した。以来研究を重ね、山本式油圧操舵機として販売する。
昭和42年 12月  広島県府中市中須町167-4 現在地に工場を新築し移転。        生産体制の充実を計る。
昭和44年 12月  増産のため機械工場の新築を行い生産の増強を計る。
昭和45年 1月  貿易部を発足し、貿易商を通じて東南アジア各国に油圧操舵機の輸出を開始。
昭和46年 8月  オートパイロット(自動操舵装置)の製作販売開始。
昭和48年 5月  株式会社に組織変更する。山本実夫が代表取締役社長就任。          資本金 10,000,000円  事務所の新築、完成。
昭和51年 3月  工場・事務所増設。
昭和51年 7月  船舶関連事業に貢献し、海運発展の功績に依り、中国海運局長表彰を受賞。
昭和58年 11月  創業30周年表彰を日本商工会議所より受賞。
昭和58年 11月  自動計量包装機開発、製造販売を開始する。
昭和63年 9月  ジャパン・ハムワージ㈱と技術提携し、広舵角電動油圧操舵機を開発し、       中型船を対象に製造販売を始める。
平成 2年 7月  海事関係功労者として、運輸大臣表彰を受賞。
平成 5年 5月  山本実夫、会長に就任。山本英利、代表取締役社長に就任。
平成 7年 2月  組立工場新築。
平成11年 8月  シップアンドオーシャン財団の助成により、無給油メンテナンスフリー        甲板機の開発、完成。     10月  トラッキングパイロットの開発、完成、販売開始。
平成12年 4月  古野電気株式会社殿と弊社との技術協力によりサテライトコンパスの         信号に依るオートパイロット装置の完成、販売開始。
平成15年 11月  設立30周年表彰を日本商工会議所より受賞。
平成18年 3月  株式会社戸髙製作所殿との業務提携により電子海図装置「運行サポーター」          による、ルートトラッキングパイロットの完成、販売開始。          居眠り防止装置 ワッチアシスト製造販売開始。
平成19年 10月  オフコースアラームの製造販売を開始。
平成22年 4月  操舵装置での『ISO9001』を認証取得。
平成22年 7月  山本英利、会長就任。山本剛徳、代表取締役社長に就任。
平成23年 12月  第2種船橋航海当直警報装置(BNWAS)HK認定製造販売開始。
平成25年 7月  YAMAX株式会社に社名変更。